カンポットペッパー黒胡椒
チャーシュー丼

チャーシュー丼 レシピ

カンポットペッパー黒胡椒と自家製チャーシュー丼

材料

カンポットペッパー黒胡椒
適量
豚バラ ブロック
1つ
しょうが
2片
にんにく
2片
ネギの青い部分
適量
醤油
900ml
120ml

作り方

1

豚肉をフライパンで強火で、軽く焼き色が着くまで全面焼く

2

焼いた豚肉・調味料を全て鍋に入れて、強火で沸騰させる

3

沸騰したら、30分煮る

4

30分経ったら、ひっくり返してもう30分煮る

5

火を止めて、30分置く

作り方のコツ

火を止めて冷ますときに、味がしみこむので、1晩寝かせると、さらに味がしみこみます。

もうかなり暑く夏に近づいてきたので、チャーシュー丼を作りました。

豚肉に含まれるビタミンB1は疲労を回復させてくれる効果があり、
他の食材に比べ、圧倒的に含まれているので「夏バテ防止」にうってつけと言われます。

夏はいつの間にか体のエネルギーを消費してしまう季節です。

なぜなら、汗をかいて血中の水分が少なくなります。
少なくなると、血液が粘つき、ドロッとしたようになります。
そうすると、心臓への負担が大きくなり、エネルギーが必要になります。

そんなエネルギーを作り出すときにビタミンB1が必要不可欠となってきます。

一般的に1日に必要なビタミンB1は0.53mgと言われており、
それ以上摂取した場合は、体の外へ排出されるので、
取りすぎても問題ありません。

豚のもも肉は鶏肉よりも脂質が少なく、とても優秀な食材です。

そして最後に香り豊かなカンポットペッパーをかけることで、
夏の暑さにも負けない、食欲がそそります。

実は胡椒にも「夏バテ防止」の作用があるのです。

夏は暑い所とエアコンの効いた涼しい所を行き来するせいで、
自律神経が乱れてしまいます。

自律神経が乱れると、全身のだるさ感じたり、
胃腸の働き、心臓の心拍、代謝や体温調整の機能に支障が出たりします。

しかし胡椒が、消火器に刺激を与えることによって、
乱れた自律神経に働きかけ、改善してくれます。

豚肉と胡椒は相性抜群の「夏バテ防止」の食材なのです。

とっても簡単なレシピなので、是非試してみてください。

皆さんもカンポットペッパーで、夏に向けて体力をつける料理作って一緒に夏を乗り越えましょう!!

カンボジア、カンポット地方の限られた地域で、厳しい基準をクリアした
胡椒だけがカンポットペッパーと称することができる
世界最高峰のブランド胡椒を是非お試しください。

初回限定カンポットペッパー4種20gセット 999円

コメント

タイトルとURLをコピーしました