プノンペンからケップ カンポットペッパー農園『Sothy’s Pepper Farm』行き方 前編 | Foodnet

2021/04/29 01:25

プノンペンからケップカンポットペッパー農園『Sothy’s Pepper Farm』までの行き方 前編
~プノンペン空港からプノンペン市街地まで(路線バス)~



 私は学生時代に、4ヶ月ほど一人で東南アジアをバックパッカーしていた時期があり、外国へ行っても、アテンドなしで自分で目的地まで行く傾向があります。そのため、『Sothy’s Pepper Farm』のご紹介もかねて、そういった旅人たちに参考にしていただければと思います。今後もこのような参考記事も更新出来ればと思っていますので、宜しくお願い致します。

 そして、今回は『プノンペンからSothy’s Pepper Farmまでの行き方』の、まずは~プノンペン空港からプノンペン市街地まで編~です。一気に書いてしまうとかなり長くなりそうなので、分けさせていただきます。もし、プノンペン市街地からケップまでの道のりが知りたい方、次の記事までスキップして頂いても無事にプノンペンからケップまでたどり着けますので心配しなくても大丈夫です。

 写真はバックパッカー当時のわたくし、サイト運営者の松田浩次の写真です。場所はミャンマーの奥地のジャングルで過ごしていた時の写真になります。


まずは旅先でおススメアプリ 

 今の時代スマホがあるので、旅でもスマホを活用するに越したことないですね。そこで私が実際バックパッカー時代に使用していました、アプリをご紹介します。

Maps.me
 こちらは地図アプリです。特にSIMカードなど利用しない人にとって、このアプリはオフラインマップになっていますので、インターネットがなくても地図を開くことができ、かなり便利です。さらに、旅人向けの安宿がかなり載っていますし、東南アジアの特有の細い道も載っていたりします。
以前にオンラインで、マップをダウンロードする必要があるのでご注意ください。万が一電波が悪くなっても、Maps.meで現在地を確認できますので、私は旅先でかなり活用しています。

agoda
 こちらは、宿泊施設を探す際のアプリです。他の宿泊アプリに比べて、圧倒的に安く使いやすと私は思っています。たまに、スイートルームが破格の値段で載っていたりしますね。

 私は、agodaで宿を予約し、Maps.meでその宿をブックマークして、旅してました。そうすると、宿まで難なく、たどりつけます。
 当時限られた資金の中でバックパッカーをしていたので私はSIMカードを利用せず、Maps.meも知らない最初は、宿までの地図を印刷したり、スクリーンショットして旅してました。しかし、なかなか宿までたどり着けず、かなり苦労してました。町の兄ちゃんにバイクで宿まで連れてってあげるよと言われ、バイクの後ろに乗っていても全く着かず、バイクの兄ちゃんも道に迷い、やっと着いたと思ったら、お金をせがまれたこともありました...。()
 しかし、この最強の2つのアプリのおかげで、旅がかなり快適になりました。


プノンペン空港到着 入国

 今回は飛行機でプノンペンの空港からカンボジアに入国しました。その時に最低限必要なものが、ビザです。私はアライバルビザを取得しました。アライバルビザに必要なものが、現金30ドルと証明写真1枚です。出国前に日本にあるカンボジア領事館に行ってビザを取得できたりしますが、アライバルビザが一番ラクで、手っ取り早いですね。
 ちなみにカンボジアではUSドルが一般通貨として使用されます。細かいお金になると、カンボジア通貨の「リエル」を使用します。    1USドル=4000リエル 
 現金を忘れた場合は、アライバルビザ取得場所にATMがありました。(使用してないので使えるかは、不明。)証明写真を忘れた際は、3ドル払えばパスポート写真のコピーをしてくれます。高いですね~。私は写真を忘れたのでしぶしぶ払いました()


SIMカード 入手

 さぁ、入国できれば次は、SIMカードですね!!東南アジアはSIMカードがかなり安いので、SIMカードを購入するのがおススメ。日本からポケットWi-Fiをレンタルする必要もないし、重たくて荷物にもならないのでSIMカードをおススメします。
 空港の出口を出ると、すぐにSIMカードを販売している売店が3店舗ほどあります。私は今回滞在が1週間半だったのと、コールも必要だったので、「Smart」という売店で15ドル支払い、20ギガ(だったかな?十分な容量)+コール付きのプランを選択。あとは、店員のお姉さんがすべて設定してくれました。


プノンペン空港からプノンペン市街地へ

 そして私は、プノンペン中心街で1泊してからケップに行きます。空港からはタクシーもしくは、路線バスで行けます。私は1日プノンペンで宿泊するため、時間に余裕があったため、路線バスを選択。タクシーだと、たぶん市街地まで15ドルくらいかな。帰国の時にプノンペン市街のホテルから空港までトゥクトゥクを使うと、10ドルぐらいでした。(空港への入場料込み)

 路線バスは駐車場を超えて空港の敷地の外に出ないとありません。しかし料金は格安1ドル足らずでした。料金がわからず、誰に聞いてもわからなかったためポケットにあった3000リエルを支払いました。見ているとみんなそれよりも安い値段を箱に入れてましたね

 私が乗ったバスは番のバスでした。私はセントラルマーケット(有名なので行ってみてください)の近くのホテルだったので、セントラルマーケットまで行くバスはどれかと尋ねて、そのバスに乗りました。 結構道が混んでいるので、45分くらい乗ると、セントラルマーケットに着いたので下車し、そのあとは徒歩でホテルまで行きました。


セントラルマーケットの様子です。電気製品から食べ物まで、なんでも売ってます。

次回は、プノンペンからケップSothy’s Pepper Farmまでの道のり。